いにしえの誘い

どこまでも続く
古い参道

苔むした石段を踏みしめるごとに
神の威厳と
歴史を感じた

撮影:熊本県高森町
b0188175_214448.jpg

[PR]
by asogasuki | 2009-10-23 21:04 | 威厳と慈愛(神社仏閣) | Comments(8)
Commented by kufuramu at 2009-10-23 22:36
こんばんは。

とても歴史を感じる参道ですね。
奥に行けば行く程、時代を遡っていく気がしそうです。

左の灯篭に光が射しているのも、引き込まれる感じがします。
Commented by asogasuki at 2009-10-23 22:47
ここの前をよく通るけど、登ったのは初めて
こんな風になっているとは知らなかった
まだまだ知らないところがあるんだなと実感した
Commented by amselchen at 2009-10-23 23:53
またもや霊感に満ちた一枚です。やはりどうもあれですね、只者ではないです、asogasukiさん。ひょっとして霊視能力をおもちなのでは?
Commented by asogasuki at 2009-10-24 20:45
amselchenさん、気づかれましたか
実は・・・ふたご座カストルが生まれ故郷で・・・
霊感を感受性と受け止めたら、うれしいほめ言葉です
Commented by Toshi at 2009-10-24 22:48 x
こんばんは。
少し壊れかけているかのような石段が歴史を感じさせますね。
一つ目の灯篭に当たる光が少しアクセントになっていますね。
Commented by asogasuki at 2009-10-24 22:57
Toshiさん、こんばんは
この石段、とっても気に入りました。また撮りたいと思ったいます
灯篭に光が当たっていなかったら、このカットは撮っていなかったと思います
Commented by しゅうたん at 2009-10-25 21:29 x
こんばんは

近代建造物は手入れがされなくなると
残骸となりますが

寺社仏閣は手入れをされる方が居なくなると
土へ還る・・・ゆっくりと・・・

時の流れに身を置いたような感覚にとらわれます。
Commented by asogasuki at 2009-10-25 22:18
しゅうたんさん、こんばんは
西洋の古代建造物や遺跡は石造りなので残っていますが、日本の古代建造物のほとんどは残っていません。木造だからです
出雲大社の建立時の姿はかなり巨大だったそうですが、こぶんしょの記述から創造するしかありません
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 深渓の彩り はじまり >>